ゴキブリ退治、駆除、対策ならバルサン
サイトマップ MENU

ダニ対策のポイント

ダニは目に見えないから、特に対策をしていない人も多いのでは?でも実は子どもも大人も要注意!
特に湿気や気温が上がってくるとダニの発生も多くなり、ダニによって発生するアレルギーなどもあります。

  • こんな跡に注意!

    こんな痕に注意!

  • こんな場所に注意!

    こんな場所に注意!総合駆除できるバルサンがおすすめ!

日頃からしっかりと対策しておくことで、いや~なダニを防ぐことができます。
ダニの発生を予防し、ダニを寄せ付けない家にするための対策をご紹介します。

対策1.湿度を下げる

湿度が55%以下になると、ほとんどのダニは生きていけません。
空気が動かないと湿度は上昇します。湿度を下げるために、部屋の中に乾燥した風を送り込みましょう。

  • ●こまめに換気する
  • ●加湿器の使いすぎに注意、ケアも忘れずに
  • ●ホコリや湿気がたまりにくい家具配置に

対策2.部屋を清潔に保つ

特に小さなお子様がいるご家庭では、お菓子の食べこぼしなどは日常のこと。
ダニの餌を増やさないように工夫をしましょう。

  • ●食べかすなどをそのままにしない
  • ●こまめに掃除をする(掃除機をかける)

対策3.布団や絨毯(ラグ)を天日干しする

布団を干した後には掃除機でダニの死骸や糞を吸い取ることが有効です。
ダニはぬいぐるみにも発生するので、特にお子様がいるご家庭では、定期的に洗濯したり、陰干しするなどの工夫をしたいですね。

ダニ退治はバルサンで駆除、掃除機で死骸を除去

バルサンを使用した後は掃除機をかけるのがポイント!
ダニを死滅させることが大切ですが、ダニの死骸もアレルギーの原因になります。
バルサンにより死亡したダニの死骸が多いと考えられるところは、特に念入りに掃除機をかけましょう。

見えないダニを、空間ごと駆除!総合駆除できるバルサンがおすすめ!

掃除機のかけ方

  • ●ゆっくり丁寧にかける
  • ●場所はホコリの多いところ、食べ物かすの多いところ、人やペットの滞在時間が長い床など、また、玄関や脱衣室の足拭きマットのような湿気の多いところ、布地の椅子の座部を中心に
ページTOPへ戻る